DearMumの生徒さんたちの中には、
結構厳しいメッセージを寄越すペットちゃんと
一緒に暮らしている方も多いです。

うちの小雪さまも、そのうちの一人ではあります。

飼い主さんがしっかりとお役目を果たすために
ペットという毛皮を着たガイドが付くのですよね。

 

そんなコの場合、ただ可愛がる対象ではなくて、
「本当に勘弁してよ!」と泣きたくなるような
事象現象を起こしてくれます。

つまり、問題行動や病気といった
判りやすい形で見せてくれます。

 

あちらにしてみれば、

「オイ! オマエ! しっかりしろよ!」

と言いたい所でしょうけどね。(^^;)

 

飼い主さんのお役目が大きいほど、難問を仕向けてくれます。

トホホです。

そんなスパルタなペットさん。

イヌやネコだけではありません。

 

今回紹介するのは、

セキセイインコ、2歳のオンナノコです。

 

彼女は、なかなかのスパルタですよ。

口調もキリッとしていて厳しいです。

このスパルタインコさん、
3つの問題行動がありまして。

1.首を上下に振らない

2.ゴハンを餌箱から全部まき散らす

3.卵を個数も回数も多く産み、
 ずっと温め続ける

お家に迎えて2年間、
こんな状態が続いていたそうです。

 

通常、インコさんは、ご機嫌がよいと
首を激しく振ります。

それを全くしないので、

「うちのコは、しないのかな~」

と思っていたそう。

それがですね!

飼い主さんが、とある決断をし、
行動に起こし、帰宅したら・・・

首を振っていたそう!

 

なんてわかりやすい!!

「やっとご機嫌な姿を見せてくれた」

と思うと同時に、

「2年間、ごめんね~」

とも思ったそう。。。

 

そして、何と、

餌まき散らしも、抱卵もしなくなったそう。

「ペットと飼い主は鏡」という観点から、
飼い主さんは、インコさんを観察し、

そして、自分の何に投影しているのかを
探ったそうです。

 

孵りもしない卵を何か月も温める姿に

「卵に執着しているな」と感じたそう。

そこで、自分の中に執着しているものを探し、
それを手放す行動をしてみたのですよね。

そうしたら、あれだけ執拗に抱卵していたのに、
もう今は、放置だそうです。

産卵回数や個数も正常に戻るかもしれませんね。

 

これだけあからさまに見せてくれると、

鏡の法則に従って、自分の内側を
チェックせざるを得ないですよね?

ペットという毛皮を着た天のお遣いは、
こういった形で、わたしたち飼い主に
メッセージを送ってきます。

ペットがおかしければ、飼い主の何かがおかしいことがあります。

 

自分軸がブレていないか?

考え方がズレていないか?

感謝を忘れていないか?

 

などなど、自分を総点検してみてください。

見落としポイントを発見したら、
それだけで、半分解決したようなものです。

 

ペットの問題は、飼い主へのサイン!

問題行動や病気が、ありがたく思えたら
あなたの人生も変わります。