今年も半分が終わり。

「令和」の発表があってから、
丸々3か月が経ってしまいました。

 

今年前半は、わりとのんびり、ぽけ~っと過ぎていきました。

昨年は、執筆をしながら、
隔月で新しいものを生み出していました。

ガムシャラに走っていると、それが当たり前になります。

走っているのか、歩いているのか、
そんなことも、自分ではわからなくなりますね。

時間の余裕は、心の余裕にもつながります。

心に余裕ができると、今までにも増して、
しっかりと内面に向き合いたくなります。

ゆっくりと向き合える時間も取れますからね。

自然とそのようなことが起きてくるのでしょうね。

 

幼少期のわたし、

割と最近のわたし、

過去世のわたし…

いろんなわたしと出逢う時間。

 

その時の感情をもう一度ゆっくりと味わい、
過去に置き去りにしてきたわたしを慈しみます。

すっかり忘れていたわたしを労ります。

すると、すすけた外皮が、はらりとめくれ落ちる、

そんな感じで一皮分軽くなります。

心が脱皮をするのかな。

 

10年ほど前、生き辛さから脱却したくて、
右往左往していた時、

「どんな人になりたい?」
と尋ねられて、

「いい人になりたいです!」と
答えて、ヒーラーさんに怪訝な顔を
されたことがあるのだけれど、

 

今、思うと、「いい人」ではなくて、

「心の清い人」に
なりたかったのだと思うのです。

子どもの頃の、あの純真無垢な心で
自然を感じていたかったのだなと
今になって思います。

 

自然の一部でありたい、

地球の一部でありたい、

宇宙の一部でありたい。

そう願っていたのでしょうね。

 

きっと、その頃は、自然や地球や宇宙と
分離している感覚だったのでしょう。

心の脱皮を繰り返すうちに、
実は、すでにそれらの一部であることに気づきます。

分離した感覚から、融合した感覚へと
感覚が移行したとき、
自然との一体感を味わうことが出来ます。

 

すなわち、動物たちの感覚を
共有することが出来るのです。

一皮むけた清い心を準備して、
彼らにじっと心を向けてみてください。

彼らの崇高な魂が、またわたしたちの心の脱皮の
手助けをしてくれます。

わたしは、そうして愛の探究を続けています。

 

そうしてある時、気づきました。

どんな人も、もともと愛でできている
ということを。

ペットのチカラは、絶大ですね。