今日は、名古屋のサロンで
アニマルコミュニケーター養成講座レベル1
卒業生のための練習会がありました。

遠方の方は、zoom(テレビ会議システム)を使って
ご参加いただきました。

午前中は、セルフメンテナンスに欠かせない、
知らない自分と出逢うワーク、セルフラブメソッド(SLM)を。

午後は、アニマルコミュニケーションのグループ練習をしました。

 

 

参加しているメンバーを見て、ある時点でふと気づきました。

集っている卒業生全員、

アニマルコミュニケーターとして活動をしているということを!

 

 

思わず、叫んでしまいました!

「おぉぉぉ~~~ すご~~い!!」

うれしい!

うれしい~~!!

めっちゃ! うれし~~~!!!

 

 

ご本人様方は、

「そこまで喜ぶこと?」

とキョトンとされてましたが、

わたしは、本当にうれしかったのです!

 

だって、初対面の頃のことを思い出すと大きな飛躍です。

「ハイジさんになりたいです!」

と目標を持ってお越しになる方もいますが、
多くは、そうではなくて、

 

学ぶうちに、

「なれたらいいな~」
↓↓↓
「なりたい!」

に変わるので。

わたしは、いくらでもサポートはしますが、
実際に行動を起こすのはご自身ですからね。

 

自分で自分の人生を切り拓かれたのですものね。

人生に迷っている人が、
人生の目的を見出し、
一つ一つの目標を達成していく姿。

わたしは、そのひた向きさに惚れ込んでしまうのです。

 

今日も午前中は、ずい分と熱くなってしまいました。

壁を越えた向こうの世界がわかるから。

越えようが、越えまいが、本人の自由なのですけどね。

ご本人から「越える」とのコミットもありますしね。

越えた時の彼女の人生は大きく違うことは確実なので。

ご本人が目指す世界に近づくこと、

それは、すなわち、わたしが目指す
世界の構築にもリンクします。

 

 

壁にぶち当たった時に、
救いになるのは、仲間たちの存在です。

ひとりでは到底越えられない壁が
立ちはだかったとしても、
同じ釜の飯を食った人たちなら、
必ず、その心境を共有できますし、
救いの手の出し方も知っています。

今日も、絶妙な助け舟を出してもらっていましたね。

 

グループワークの一番のメリットですね。

「仲間っていいな~」

わたしは、アニマルコミュニケーターを始めた頃は、
一匹狼でしたので、ちょっとうらやましいです(^^;)

 

共に尊重しあい、励まし合いながら、
みなで一緒に次のステージを目指す。

 

ステージを一段ずつ上がった先には、

人と動物が、うまく共棲している世界が、

人と自然が融合した世界が、

きっときっと創造できる!

 

仲間たちと一緒に

たおやかな地球を創れる!

きっと創れる!

互いを尊重し支え合うことができる仲間たちだから。

 

 

2012年の活動開始当時から、
どこからか(天から?)やってきたワード。

「女性の精神的・経済的自立の支援」

 

 

そして、2014年頃、これもまた
どこからか、やってきたワード。

「2020年、チームセラピー」

 

 

この2つのミッションが、
どんどん形になってきているのを感じます。

 

 

2020年は、すぐそこ。

「人とペットのための癒しの
総合病院のようなものを作りたい!」

 

言い始めた頃は、
「何を大きなことを言っちゃってるの?」
と、動物好き天然ちゃんのウワゴトとしか
捉えてもらえなかったけれど、

今日の仲間たちは、
わたしのこのコミットを真剣に捉えて
ついて来てくれた人たちだと思ってます。

 

 

真剣に自分の人生に取り組み、

自分の人生に責任を取る生き方を実践する人たち。

生きとし生けるものたちの命を
自分の命と同様に慈しむ人たち。

そんな人たちに、毎日囲まれていて
一番、恩恵を受けているのは、わたし自身です。

 

 

みんなに恩返ししなくちゃ!

ご縁はプライスレス。

何にも代えがたい貴重なもの。

厳しくも優しくも、
すべての出会いに感謝します。

心よりありがとう。。。