昨日は、お彼岸でしたね。

暦としては、切り替えの
意味がありますね。

昨日は、小雪がお世話になったお寺へ
お参りに行ってきました。

たくさんの方々が、献花やお供えをされて、
手を合わせていらっしゃいました。

その後、婚家と実家のお墓にも
お参りしてきました。

午後になってしまったので、
誰もおらずに、ひっそりとしていました。

そして、コロナや小雪の介護で
なかなか行けていなかった実家に
顔を出してきました。

小雪の介護や最期の様子、
葬儀や、その後の様子を
写真を見せながら、語ってきました。

小雪と仲良しだった父に、
小雪からの遺言を伝えました。

「じぃじがくれるお芋が
おいしかったよ」

って、言ってたよ~

父は、一瞬、口をつぐんでおりました。

感慨深いものがあったのでしょう。

「動物と話せる」なんて、
今でも、全く理解しがたい
でしょうけれど、

そういう頭を使う理解
ではないのですよね。

心の奥にすぅ~っと染み入る言葉。

潜在意識にまで届く、
こんな簡単な一言が、
遺された者に響くのだと
実感しました。

今朝も、ペットロスに関する研究論文に
目を通していました。

死別直後で、59.5%、

2か月後で、56.7%

4か月後で、40.7%

何の数字だと思いますか?

ペットを亡くしたご遺族が、
抑うつ状態になるリスクの割合です。

予想以上の飼い主さまが、
何らかのサポートが必要な状態に
あることに驚きでした。

4か月後の時点で、「リスク有」と
初めて判別される例はないそうなので、

喪失体験から早いうちに、
ご自分の状態を把握して、
ケアをされることが
とても大切かと思います。

ペットさんがお空へ引っ越しされて
間もない頃は、とても強い
メッセージがやってきます。

わたしを使うのがお上手な方は、
わたしをペットさんに見立てて、
どんどん想いを投げかけられます。

わたしはもう完全に、
そのコに成り切ります。

なにを会話したか
記憶にはありません。

先日も、そんなセッションがありました。

飼い主さんが録音録画を
されていましたので、

きっと、涙と鼻水でグチャグチャに
なりながらママと話している、
わたしでない、わたしが
映っていることでしょう(^^;)

そのコとの、一生に一度きりの
対話となります。

こんなセッションも、
きっとご遺族にとっては、
サポートになるに違いありません。

ペットさんとの暮らしが、
悲しいものではなく、
豊かな体験であるように願います。

今後、ペットロス関連を
充実させていく予定です。

認定者、認定講師と協働して
尽力してまいります。

よろしくお願いします。