今日入ってきたニュース。

本当に出来事の原因は、
外側にはないのだな〜
と思い知らされました。

DearMumの受講生さん。

数か月前から、不眠になったそう。

原因は、低くてリズムのある音。

就寝時になると聞こえるそうです。

みんな聞こえるのかと思いきや
旦那さまは平気そうに熟睡。

自分は敏感だから、仕方ないのかと、
その音をごまかすために
超音波加湿器を稼働させて対策。

それでも不快だとのことで、
原因は何だろうと。

一つ思い当たるのが、
お隣に建ったアパートが
太陽光発電だそうで、
そのパワーコンディショナーから
低周波が出ているのでは?
というものでした。

不眠と低周波音。

非常に関係性はあるよね〜
ということで、
低周波音対策を考えていた矢先のこと。

 

セルフラブメソッド(SLM)で
この不快感を解いてみたそうです。

そうしたら、
不快な低周波音が
ほぼ消えたそうです。

いや〜 
様々なケースに遭遇してきましたけれど、
わたしの中では5本の指に入るくらいの
ビックリな結果でした。

何が原因だったかって…

これ、もしかしたら、
あなたの不調にも
貢献できるケースだと
思うのでシェアしますね。

 

コロナです!!

本当の原因は、コロナ!

コロナウイルスに感染していた
という話じゃないですよ。

セルフラブメソッドという
セルフカウンセリングのような
ツールを使って解いた結果ですから。

コロナに関する怖い話を
聞かされたのですって。

「逃げ場のない低周波音」

「逃げ場のない不快な話」

どちらも耳に入って
来るものですね。

この2つがリンクしています。

それに気づいて、
聞かされたコロナに関する話に
乗る感情や解釈を中和して、
ニュートラルにしました。

マイナスに大きく傾いて
解釈をしていたものを、

「そうではないんだよ。
物事はすべてニュートラルだよ」

と、脳に教えてあげるような
作業をするのです。

するとカラダも
そのように反応し始めます。

もう逃げ場のない不快な
音ではなくなるのです。

「あれは、何だったの!?」
とご本人もおっしゃるくらいですから、
ビックリな結果だったのでしょうね。

 

このメソッド、もちろん、
ペットさんのお悩みにも使えます。

お困り行動や体調不良にも
応用できます。

家出猫さんは、高確率で
ご帰宅になられます。

もちろん、真剣に
取り組まれたらですよ。

人生で一度も聞かれたことがない
質問にも、真摯に向き合えるなら
という条件付きです。

こんなメソッドを作り上げたのも、
わたしの何とも未熟なセッションが
発端なのです。

 

本日アップのブログ記事にも通じます。

「まず人間を何とかしなければ、
動物たちも救われない」
https://ameblo.jp/animal-communication-sch/entry-12605437371.html

なんともできなかった
デビューしたての頃の
苦い思いが、今日は、
受講生さんの不眠を
解消してくれました。

原因をクライアントさんへ向けていたら、
今はなかったです。

どんなことがあったのかは、
またの機会にお話しますね。

具体的なケースのシェアで
一人でも多くの方の意識が
ハッと目覚めることを願っています。

 

セルフラブメソッド(SLM)に
ご興味がある方は、
まずは、コチラ↓から。

担当講師は、セルフラブメソッドクラスの
アシスタントでもあります。

SLMの達人です。

何でも尋ねてやってください。

【アニマルコミュニケーション・プレセミナー】
 担当:小出まりこ
 ・オンライン7月17日(金)
 ・名古屋サロン8月10日(月・祝)
 ⇒http://dear-mum.com/animai-communication-seminar/pre-seminar/3460/