「りこさんの講座で、ピカイチ凄いところは、

問題が何かの分析をして、

分析ができたら、その解決策や、

対処法をアドバイスしてくださるところ」

今週開催したアニマルコミュンケーション入門講座に
ご参加くださった方からのご感想です。

 

 

わたしの肩書きはご存知でしょうか?

「アニマルコミュニケーションを科学する」

と記しています。

 

 

今日、猫ちゃんの体のメンテナンスに
お越しくださった方も、同じようなことを
おっしゃっていました。

「科学する」という点に惹かれたと。

アニマルコミュンケーションを教え始めて
もうすぐ丸7年になろうとしています。

7年の歴史の割と早い段階で、
言い始めたと記憶しています。

「科学的な根拠に基づいて、
なぜ動物と話すことができるのか
を探求していきたい」と。

好奇心と探求心の塊
のようなわたしです。

 

 

勉強好きとも言われますが、
勉強している感覚はありません。

勉強って苦のイメージなのです。

「強く勉める」って
努力の結晶みたい。

そうじゃなくて、

「へぇ! そうなんだ!! 面白い!!!」

この連続。

面白いと思ったこと、
初めて知ったこと、

それらを

「ねぇねぇ、知ってる??」

と、わかち合っている
だけなのですよね。

 

 

もちろん、伝え方や講座の運び方は
片時も頭から離れることはありません。

「より良くするには?」のアンテナを
常に全方向に張っています。

意識、エネルギー、共鳴現象、
共感力、ミラーニューロンなどなど、

書店の書棚では、
物理・医学・心理学
に分類される分野が
関連していること、

そして、それらをひっくるめて
精神世界の分野にも通じること、

知れば知るほど、
もっと知りたくなります。

どうして、もっと柔軟性があった
学生の頃に目覚めなかったかな〜
とも思いますが、

知らなかったからこそ
感情の赴くままに生きていた、
その体験も必要だったのでしょうね。

 

 

今日から始まる
アニマルコミュンケーション集中講座。

プレセミナーや入門講座のような
知識や情報をたくさん
わかち合うのではなく、

ひたすら体感していただいて、
体で記憶して、動物とのお話の仕方を
お持ち帰りいただきます。

ですから、集中講座は、

「ねぇねぇ知ってる?」

じゃなくて、

「こうやったら、みんなできるよ〜」

です。

 

 

冒頭のご感想にあった分析は、

ペットさんの問題行動や体調不良、
そして、飼い主さんの心がどのように
彼らに作用しているのか、

それを探求し分析し、
仮説を立て検証できた
ものを分かち合っています。

対して、極めて感覚的な
エネルギーワークになる集中講座では、
何を探求し分析しているかというと、

「再現性」と「確証」です。

誰でもできるものでなければ、
講座にすることはできません。

そして、「出来た!」という確証を
掴んでいただくために、

探求、分析、仮説、検証を
今でも繰り返しています。

 

 

わたしが、これをやり続けられるのも、
受講生のみなさまのおかげです。

悦んで、わたしの検証に
お付き合いくださる方々が
さらに、DearMumが提供する講座の
バージョンアップに
寄与してくださっています。

わたし一人では作れなかった内容です。

ありがたいことです。

気前のよいDearMumの仲間たちと一緒に
これからも登っていきます。

 

 

群馬、茨城、静岡、広島、岡山、三重と、
愛知県外からのご参加が
多かった入門講座に引き続き、

明日からの集中講座には、
海外からのご参加もあります。

国内外にたくさんの素晴らしい先生方が
いらっしゃる中、「科学する」の
においを嗅ぎつけて、
名古屋までお運びいただけることに、
心より感謝をいたします。

その熱意に精一杯お応えします。

サロンを愛と解放のエネルギーで
充たしてお待ちしています。