東京からの帰りの新幹線車中です。

グリーフ(悲嘆)を深く学んでいる
師匠との打ち合わせがありました。

2時間ほどのお話の中で、またまた

ソレ!あるあるやわ~!! 

があったので懲りずにシェアします(^^;)

 

前回のメルマガには、痛っ!
というご感想をいただきました。
http://dear-mum.com/mailmagazin/3074/

痛いか、痒いか、へっちゃらか…
は、別にして

何かしらあなたにも
気づきが訪れていれば幸いです。

 

さて、本題です。

世の中には、色んな癒しの手法や
目標達成の手法があります。

わたしもセラピー系も
コーチング系も両方使います。

この両者の間に垣根は
あるようなないような…

そんなイメージで
わたしは使っています。

 

だけれどね、今までいろーんなものに
足を、じゃなくて、頭を
突っ込んできて思うのが

自分自身に取り組めていなければ
セラピーもコーチングも
提供する側には本当には立てないということ。

 

とあるコーチング系の
講座でのワンシーン。

30代の男性。

再受講を何度も重ねている様子。

講師のアドバイスを実践してみるの
だけれど思うように結果が出ない
という相談をしていました。

 

その受講生さんのお話に、
わたしも耳を傾けました。

その時に、わたしが感じたのは、

思うような成果が出なくて当然だよなぁ~

わたしだったら、あなたには、
もっとベースを整えることを
アドバイスするわ!

ということ。

 

一受講生の分際でおこがましいのですが、

コーチングじゃなくて、
まずはセラピーが必要だよ~

と思ったのです。

 

お話される内容の、その奥に
たくさんの感情のチャージが
あるのが聞こえてくるのです。

怒りや恨みや嫉妬
あるいは
自己卑下や犠牲者意識などを
心の奥に抱いたまま夢を形には出来ません。

ゼロイチは出来たとしても
続かないのです。

または、体を悪くします。

 

セラピーの世界には女性、
コーチングの世界には男性
の割合が多いです。

男性にとって、セラピーは
女々しく感じるのかもしれません。

それは、わたしの偏見かも
しれないですけれどね。

 

だけれど、ネガティブマインドを
隠すかのように、イケイケゴーゴー! で

ポジティブ!ポジティブ!!って
ポジティブの鎧を来て頑張っている。

その状態を、師匠はこう表現されたのですね。

「まるで深海魚が釣り上げられたみたい」って。

さすが!うまいなぁ~と
お聞きしておりました。

 

ポジティブもネガティブもないのですよ。

いつもお伝えしているように、
ニュートラルが最強なのです。

どちらにも揺らがない強さ。

揺らいでも、すぐに戻れる柔軟性。

決してブレることはありません。

 

薄々、自分の中にネガティブを
感じているからこそ、

それを否定するかのように
ポジティブで塗り固めていませんか?

いつかボロが出ます。

どんな自分がいるのかを
しっかり知って、それを受け入れる。

決して嫌わない。

そこからイケイケゴーゴー!!
してみてください。

きっと心が踊ります♪