今日から、

アニマルコミュニケーター養成講座レベル1の
新期がスタートです。

ペット関連のプロ、

対人支援のプロ、

そして、

人生を変えたい人まで。

またどんなドラマが繰り広げられるのか楽しみです。

 

養成講座生に一番課せられるのは、
セルフメンテナンス。

心と体と魂のメンテナンスを自分でできる術。

 

セルフメンテナンスをやらずして、
どうして、他者を癒せるものか・・・

クライアントさまは、いつも鏡なのです。

自分を知る作業は、
もはやライフワークとなりました。

魂の成長のために、
人間としての成長は必須です。

今でこそ、わかったようなことを
エラそうに言ってはおりますが、

人生前半は、とんでもない日々を
送ってしまいました。

 

「人として、どうなの??」

と今の自分が、過去の自分にそう問います。

 

わたしは長らく親を恨んで生きていました。

小学生の頃には、もうその自覚がありました。

その怒りのエネルギーは
どんどん自分を蝕みました。

そんなロジックも知らずに、
何十年も過ごしてしまいました。

惨憺たる人生。。。

 

それでも、なかなか気づきませんでした。

原因が、自分の内にあることを。

他人から指摘されても、
頑として受け入れられなかった。

わたしは悪くない!

ずい分と反発もしました。

だって、それを認めたら、
今まで頑張ってきた自分のすべてが
崩れ去ってしまうと思ったから。

 

でもね、ある時、もうそれをやるしかないのだと、
覚悟が決まりました。

積み上げてきた積み木を
一旦、崩そう。

死と再生。

破壊と創造。

人生の再構築。

こんな大きなことに気づいたのは、
ちょうどアニマルコミュニケーターをし始めた頃です。

 

わたしを突き動かしたのは、
やっぱりアニマルコミュニケーションでした。

本物のプロになるには、

これで大好きな動物を救っていくには、

もう自分の枠を超えるしかない!

 

自分の怖れ、

自分の保身、

自分の利益・・・

自分! 自分! 自分!!

って、どんだけ自分のことしか考えてないんだ!

 

自分が嫌いって、大ウソつきで、
ただの自己卑下で、本当には
どれだけ自分のことを大切に想ってるんだろう。

そんな自分の小さなプライドで
保っている自分枠の中にいながら、
他人を救うなんて、おこがましいにもほどがある。

 

そんな大きな気づきがありました。

 

これについては、メルマガの前号に書きましたね。

Vol.382『自分を好きになる努力』
http://dear-mum.com/mailmagazin/2436/

自分で自分のことを
そこまでに想っていることを自覚したら、
なんかだか、スッキリしたのです。

 

自分の愚かさも

自分の怠慢さも、高慢さも。

どれもあって、自分という
一つの存在が成り立っている。

これって、わたしだけじゃなくて、
人間として共通なんだろうな。

そう朧気に感じたのでした。

 

そんな大きなブレークスルーを経たときです。

「世界を変える!!」

何だかそんな使命感に駆られました。

まだまだ専業主婦から、
ちょこっと外の世界を覗き始めた頃のことです。

そうして「自分を捨てよう」と決めました。

自分を捨てるって言うと、
誤解を生じやすいのですけど、

要は、自分の怖れを捨てて、
自分の枠の外に出るということです。

安定を捨てて
不安定に身を投じることです。

 

わたしを突き動かしたのは、

「世界を変える!」

そんな熱い想いだけ。

 

過去のやらかしちゃった分を、
今、こうして、挽回させてもらっているのだろうと思います。

ご縁をいただく方には、
本当にありがたく思います。

 

また今日から、新しいメンバーと一緒に、
わたし自身の内観の旅、第7章も始まります。

今回は、受講生5人と一緒に
どこへ行くのでしょうか?

出発してみないとわかりません。

 

ただ、人生が変わることは、
過去の実績からも確実です。

半年後、みなさんが実生活へ戻ったとき、
手にしているお土産はなんでしょうね。

半分ミステリーツアーです。

ワクワクします♪

 

また旅の途中での風景はレポートしますね。

自分を越える旅にいってきます!