昨日は養成講座レベル1がありました。

いよいよ2週間後が修了日となります。

修了にあたっての注意事項をお伝えしました。

 

あなたは、

「スゴ~~い!!!」

とテンションマックスの後、ウソのように気分が落ち込んだ経験はありませんか?

 

これを紐解くと、極陽の状態、

つまり、

上がり過ぎた状態のバランスを取ろうとするために、

極陰の状態にして、ちょうど良い、中庸の状態に

持っていこうと心が作用するのですよね。

上下運動が激しいと疲れます。

バッタンバッタンと大きく上下するシーソーのようです。

しかも、意図せずして、気分の落ち込みがやって来るので辛いです。

 

そうならないための対処法!

テンションマックスになった後に、あることをすると、この落ち込みを回避することができます。

 

何をすればいいかわかりますか?

とってもカンタン

とってもシンプル

誰にでも自分でできます!

 

今日は、それを養成講座生に伝えました。

 

養成講座生は、

これまで自分の知らなかった自分にたくさん出逢いました。

盲点の発見の連続です。

 

新しい視点を持ち、新しい世界を生き始めます。

人生が大きく変わる体験をたった6カ月でするのです。

表情も、発する言葉も変わります。

そんな濃い時間を過ごすのですからハイテンションになって当たり前です。

ですから、良い事ばかりに目が向きます。

 

それが、落ち込みの原因です。

 

メリットしか見ていない。

ですから、人工的に気持ちを下げてやればいいのです。

 

どうやって??

あえて、デメリットに目を向けるのです。

 

「時間とお金とエネルギーをたくさん使ったな~」

とか、

「出かける機会が増えて、家族に負担をかけたな~」

とか。

 

そんなカンタンなことでOKです。

 

デメリットを感じているメリットと同じだけ感じてあげるのです。

 

すると、

得たものすべてを、ただ単に、「得たもの」として捉えることができます。

そこに、感情が大きく乗らなくなります。

 

起きた事実を、淡々と捉えられます。

感情が乗ったストーリー仕立てではなくなるのです。

すると、感情に振り回されず、習得したものを淡々と使っていけます。

これが、ハイテンションになるようなとっておきの講座を受けた後の対処法です。

 

自己啓発セミナーがお好きな方は、テンションマックスのまま終了してしまっていませんか?

またその高揚感が得たくて、違うセミナーを梯子してしまっていませんか?

それでは、本当に欲しいものをはき違えてしまうかもしれません。

酔いたくてお高い万円を払うのでしょうか?

それとも、学びたくて自己投資するのでしょうか?

自己投資のつもりが、事故投資になっていませんか?