素直が一番です!

 

月に一度、福岡からサロンがある名古屋まで獣医さんをお招きして、DearMumの仲間たちのペットちゃんに診療をお願いしています。

昨日までの3日間、その診療に立ち会わせていただきました。

 

やってくるペットちゃんたちが気持ち良さそうにとろける図に、思わずカメラを向けてしまいます。

飼い主さんにとってもヒーリングタイムですね。

 

こんなことを始めてから、早いもので5か月が経ちました。

ペットちゃんと飼い主さんを見ていて思うことがあります。

「ペットちゃんと飼い主さんは合わせ鏡」

これは、心理面だけでなく、身体面でも言えます。

 

全く同じ臓器が不具合を起こしている場合だけでなく、経絡的なつながりで、鏡の法則を観察できることもよくあります。

例えば、飼い主さんの腎経に弱点がある場合、ペットちゃんのお耳に不具合が見られることも。

腎経が弱点ということは、対応している感情は怖れですから、ペットちゃんもビビリちゃんかもしれませんね。

怖れが強くて腎の弱りが現れるのか、腎が弱くて怖れが強くなるのか・・・

 

鶏が先か卵が先かの禅問答のようですが。

そして、こんなことも、先生から教えていただきました。

 

わたしの愛犬、小雪のように、症状の出方が激しいコは、性格も激しい。

小雪のこれまでの13年間を振り返ると、確かに、突然、神経症状が激しく現れました。

そして、鎮静も早いです。

 

ネットリとした性格のコは、逆に、症状もジットリ。

長梅雨のようなイメージ。

 

これを先生から教えていただいた時に、思わず、質問をしてしまいました。

「先生、それって、飼い主の性格でもありますよね?」

苦笑いされながら、「・・・デスネ~」と。

はい! 自覚しております!(^^;)

 

そして、1回の診療で大きな成果を見せるコと、そうでもないコにも気づきました。

もちろん、それは患っている期間や重症度にも寄りますので、一概には、1回の成果だけで判断できるものではありませんが、

少なくとも、カラダの反応の良し悪しは、注目すべき点であります。

カラダの素直さは、ココロの素直さ。

 

要は、ここも飼い主さんが、素直かどうかを投影しているのですよね。

わたしの場合、自分では結構ガンコな面があると自覚しているのではありますが、

カラダは超素直です。

セラピストさんが新商品を開発された時に
お試しにお呼びがかかるくらいです。

ビフォーアフターの検証が取りやすいため、珍重されております(^^;)

カラダは嘘のつきようがありませんからね。

ですから、小雪のカラダも反応はいいです。

 

あれこれメンテナンスをしていても、わかりやすいので楽しいです。

たくさんの方を見てきて、思うのは、頑固な人というのは、概ね、頭がいい人ですね。

頭の回転が速いために、他人の助言に間髪入れずに切り返せます。

 

決して、相手を否定したりはしませんから、
一見、受け入れているように感じますが、
思考が先行して働いて、巧妙に相手をかわします。

相手は、黙ります。

別に、わざわざ闘う必要がないから。

「でも」「だって」が頑固ちゃんの心の声。

「だったらお好きに~」が相手の心の声です。

 

いずれかの立場で、誰でも心当たりがあるのでは?

頭のいい方は、思考がグルグル肚落ちしないのでしょうね。

それでは、知識はなかなか知恵にはなりません。

頭脳明晰な人を憧れるのですが、頭が切れる人のデメリットは、大変そうです。

 

こんな時ばかりは、

「おバカでよかった~~~」

と思うのです。(笑)

 

結果への一番の近道は素直ですからね。

今日からアニマルコミュニケーション集中講座。

 

ご参加くださる方は、どうぞ、

「守破離」の「守」を大切に、
素直な在り方をお創りになってから
いらしてください。

成果の取り方が、大きく違います。

2日間、おバカになってください!

お待ちしています。