『自分軸』

前回のメルマガでも出たワードですね。
http://dear-mum.com/mailmagazin/2710/

あなたも、きっと、

自分軸と他人軸

というワードはよく目に
するのではありませんか?

 

今週は、

アニマルコミュニケーター養成講座レベル1卒業生のための

勉強会と練習会、

レベル2の講座がありました。

そこでも、数人の方が、
テーマとして「自分軸」を取り上げ、
向き合っていらっしゃいました。

 

そもそも、
「自分軸で生きる」とは
何ぞや?

そんなお話にもなりましたので、
あなたにもシェアしますね。

 

あなたは、こんな経験はありませんか?

みんなで一緒にお昼ご飯を
食べに行きました。

うどん屋さんです。

でも、あなたは、
メニューに、お蕎麦があるのを見つけます。

「お蕎麦が食べたいな~」
心の中で呟きます。

一緒に行った仲間は、
みな、うどんを注文しています。

さて、あなたは、実際に何を注文しますか?

 

心の声に従って、自分一人でも

「お蕎麦ください!」

と注文するのが自分軸。

「みんな、うどんか~ 当然だよね。

うどん屋さんだもんね」

こんな脳内会話の末、

「うどんください」

と注文しちゃうのが、他人軸。

 

お蕎麦を食べたがっている自分を我慢させ、

他人に歩調を合わせてしまう状態です。

お昼ご飯の、

うどんか蕎麦か

そんな些細なことは、どうでも良い!
と思いがちではあります。

けれども、

これは、思考の癖でありますから、

もっと、重要な場面でも

自分を我慢させて他人軸に
合わせることをやっているはずです。

 

本当には行きたくないのに、

自分を我慢させて、

他人の意向に合わせて、

行く選択をした。

本当には面倒くさくて、
やりたくないのに、

自分を抑えて

他人にいい顔するために

やる選択をした。

本当には欲しくもないのに、

恩義を感じて、

買う選択をした。

 

日本人って、往々にして、

自分の本当の声を置き去りにして、

こういった選択をしがちです。

ちょうど、ここに気づいた方が
いらっしゃいました。

 

自分を我慢させることが続いたら、

体調を崩したのですって。

「体調が悪いからこそ、勉強会に来たら、
きっと何かに気づいて体も楽になるはず!」

そう思って、しんどいところを
参加されていました。

「あはは~~

ここか~~

自分軸!!」

と発見したら、症状が動き始め、
どんどん楽になっていったそうです。

素直なカラダちゃんだこと!

 

ペットと飼い主は鏡だよ~

とお伝えしていますが、

カラダと持ち主もまた鏡です。

わたしは、カラダの施術も
させていただきますが、

その時、わたしには、
カラダちゃんはペットちゃんと同じ感覚。

「あぁ~ いっぱい我慢
してきたんだね~」

カラダちゃんとこんな会話を
することもしばしば。

飼い主=持ち主

ペットちゃん=カラダちゃん

ですから、飼い主さんが
他人軸で生きていると、

ペットちゃんは、何か
サインを送ってくるでしょうね。

 

それが、

問題行動

体調不良

そんな形で現れるだけです。

 

アニマルコミュニケーションの
セッションを受けたことがある方は、

ペットちゃんから、深いメッセージを
受け取られたことがあるかもしれません。

それは、もしかしたら、
こんな声かも。

「ママ、自分の思い通りに
生きていいんだよ」

 

みんなが、

「うどん!」

って言ってても

「お蕎麦ください!」

と堂々と注文してください。

 

というと、

「それってワガママにつながりませんか?」

というご質問が必ずくるので、
先にお答えしておきます。

 

メニューにうどんしかないのに、

「蕎麦が食べたいから、
特別に蕎麦作って!」

これがワガママというものです。

本当に自分軸で生きていたら、
他人を困らせることはありません。

借り物の人生で、
自分を騙して生きるから
おかしなことになるのです。