新年度が始まりました。

同時に、元号も発表になりましたね。

わたしは、DearMumの仲間たちと花見の最中に、ニュースを受け取りました。

『令和』

あなたは、新元号から、どんなイメージが来ましたか?

わたしには、すんなり入って来ませんでした。

何か引っかかりがあるように感じました。

 

「令」って、命令とか指令とかの「令」。

上から下されるイメージが、一番先に入ってきました。

 

あぁ、これは、わたしの犠牲者マインドが引っかかりを作ってるんだな

すぐにそう思いました。

 

「なんで、こんな字なの??

けれど、これは、日本人の集合意識を表してもいるはずだから、

何かメッセージが隠されているんじゃないかな・・・?」

 

お花見メンバーとも、こんな会話をしました。

 

帰宅してネットニュースなどを閲覧していましたら、

 

「『令』は、『神さまのお告げ』

という意味がある」という記事を見つけました。

 

ほぅ! なるほど!

 

もしかしたら、

「神さまのお告げに従って調和した日本社会を築いていく」

というメッセージなのかも。

 

『れい』という音からも、『零(ゼロ)』を連想しませんでしたか?

何もない、ニュートラルな状態です。

 

また、『霊』という文字も、浮かびました。

「たましい」です。

 

もう本当に、現実世界だけに価値を置く時代は
終息を迎える、という意味なのではないでしょうか。

 

心や精神的な目に見えないものの中にこそ、
本質があることに気づく人口が、
もっと増えるようになると思いませんか?

 

そんな魂の時代に、
アニマルコミュニケーターというお仕事は、
もっともっと乞われる職業になると予測しています。

政府が打ち出した働き方改革で、残業規制が厳しくなり、
拘束時間が減る方も多いでしょう。

副業も容認される方向ですよね?

 

そうなると、主軸となるお仕事を持ちながら、大好きな動物に関わるお仕事ができる!

しかも、自宅で我がコと一緒に居ながらできる!

こんなお仕事をしたいと思う人が増えるはず。

 

そんな世の中の動向を見越してか、

もともと嗅覚が優れているのか、

先見の明をお持ちの方が確かに増えてきました。

 

「動物が大好きで、動物たちが喜ぶことがしたいんです。

空いている時間、週末を使って、ボランティア活動でできたなら、

とっても嬉しいです」

 

「アニマルコミュニケーターを仕事にするって、
経済的な不安もあったけれど、

今の仕事は主軸で続けながら、
兼業することだってできるのですね?

それなら、安心です!」

 

「夫の扶養範囲内でバイトをしているのですが、
徐々に、アニマルコミュニケーターへシフトしていきたいです」

これらは、ナマの声。

 

実際に認定者は、この方向へと進んでいます。

 

彼女たちも、わたしと同じで、
霊感が長けてて、何かが見えたり、聞こえたりしたような人たちではありませんでした。

 

「ハイジさんみたいになりたい!」

「動物たちの気持ちに寄り添っていたい!」

ただただ、そんな純粋な気持ちだけがありました。

 

「『諦めなければ、行きたいところへお連れします!』

りこさんのこの言葉を信じて、ここまでついてきました!」

階段を一つ一つ、コツコツと上がっていった人たちです。

わたしは、不器用でも一生懸命に生きている人が好き。

ですから、苦手な人もいます。

 

どこにも書いたことがないのですけどね、
こんな方とは、お別れしたことが過去にあります。

 

「アニマルコミュニケーションって、
別に動物が好きじゃなくてもできるでしょう?

これからの時代は、ペットと子どもとお年寄りがビジネスになる。

りこさんはペットショップをなくしたいって言ってますけど、
なくならないと思いますよ」

 

まだまだ器が小さかった当時のわたしはブチンと切れました!

 

「そんな邪な気持ちで、アニマルコミュニケーションをしないでください!

あなたにとって、アニマルコミュニケーションって何ですか?

ビジネスでしかないのなら、
主軸のサービスで成功されていらっしゃるのですから、
わざわざアニマルコミュニケーションにまで
手を広げなくてもいいじゃないですか!」

 

今だったら、感情を、こんなふうに相手にぶちまけて、
相手を否定することはできないですけどね。

青かったです。。。

 

でもね、思っていることは、今でも変わらない。

 

やっぱり動物を愛する心をお持ちの方と、
一緒にお仕事をしていたい。

彼らの無条件の愛を感じるハートを
お持ちの方と一緒に居たいのですよね。

 

相手が大切にしているものを
大切にしようとする心を持っていたい!

 

尊重し合いたい!

 

世界観を共有したい!

 

令和の時代には、仕事も本質でやらないと
通用しないようになると思います。

小手先のスキルやツールも大切だけれど、
その道具を、どういう人がどうやって使うのかが大事。

 

なんたって、ペットは神さまのおつかい。

神さまのお告げを運ぶ存在そのものです。

小手先で何とかなるものではありません。

 

まさしく、次世代にマッチしたお仕事が、
アニマルコミュニケーターでしょう。

 

「なにがどうなって、動物と話せるようになるワケ??

誰でもできるって本当??」

 

そんなところから、最短で1年半で認定者として
堂々と活動できるようになります。

 

動物に貢献することで、
心が満たされた毎日を暮らせたならどうですか?

もし、あなたの魂がワクワクするなら、
まずは、わたしに会いに来てください!

認定者へのはじめの一歩は、プレセミナーです。

http://dear-mum.com/animalcommunication-school/pre-seminar/

 

4月13日まだ2席空きがございます。

http://dear-mum.com/infomation/2107/

 

名古屋までのお出かけが簡単ではない方は、Web版をご利用ください。

年に一度のチャンスは、5月!

5月1日、8日、29日いずれも19:30~22:00

ご都合のいい1日を選択してください。

数日中に申込受付を開始します。

まずは、スケジュールチェックをしてみてくださいね!

令和の時代に、
見えない世界と見える世界の架け橋役を
一緒に担っていきましょう。