「あなたは修行体質だからね」
という言葉をよく耳にしませんか?

この言葉の後にどんな言葉が続くと想像しますか?

「仕方ないよね」と続きませんか?

もし、そうであれば、ちょっとここで立て直しましょう。

本当の修行体質というのは、

辛いことが起き続けることに甘んじるということではありません。

本当の修行体質というのは、

辛いことを幸せに転換する思考の訓練をする慣習を持つということです。

どんなにうまくいっていそうな人にだって、

どんなにいつもニコニコしている人にだって、

辛いことは起きます。

だって、万人がこの世に修行しに来ているのだから。

わたしたちが、この世に肉体を持つ唯一の目的。

それが、魂の成長です。

地上に降りて、肉体を持った人として成長をすること。

その成長した成果を携えて、お空へ還り、
また成長をするために、地上へ降り立つ。

この繰り返しです。

地上で人として成長をする必要があるのです。

そのために、課題は与えられます。

でも、ご安心ください。

天は、そんなに厳しくはないのですよ。

本当は。

天は、その人にピッタリな課題しか与えません。

乗り越えられない試練はやってこないのです。

それを乗り越える方法が、思考の転換です。

砂漠の水のお話は、聞いたことがあるでしょう?

「砂漠で一人取り残されたました。

持っているのはペットボトルの水1本。

さて、あなたは、この状況をどう解釈しますか?」

「水1本しかない。もう終わりだ!」

「水が1本ある。どうにかなる!」

蜂須賀有美さんのマインドはどちら?

窮地に立ったときに、なんとかなると思えば、
なんとかなる現実が現れます。

なんともならないと思えば、それまで、The End!!

『思考が現実を創る』

は、本当です!

誰もいるはずのない砂漠に助けがくるのです。

ウソみたいなことが、本当に起きるのです。

「自分で起こす」というのが真理ですが。

わたしが理念として掲げている

『見方が変わると世界が変わる!』

自分の見ている現実を、違う視点で見てみると、
見える現実は違うものに見えますよ。

という意味です。

いつもこのように思考の転換をする癖を持っているのが、

本当の修行体質です。

先日、アニマルコミュニケーター養成講座レベル2の
半年間のプログラムが終わりました。

レベル1とレベル2、併せて1年をかけて
修行体質を身に着けました。

レベル2を終えた感想をブログに掲載しています。

https://ameblo.jp/animal-communication-sch/entry-12449208206.html

エゴ(怖れ)を区別して愛を選択し、
クライアントさんの利益100%に立って
セッションができるアニマルコミュニケーターを育成しています。

来月早々に認定試験が行われます。

筆記と実技で、修行体質がどれほど身についているかが分かります。

どうぞ、温かい応援をお願いします。

わたしのかわいい娘たちが、こうして一つ一つ課題を乗り越えて、

たくさんの笑顔に貢献していってくれるのが
なによりも、わたしがうれしい事です。

「DearMum」という屋号の意味は、

「ねえねえ、ママあのね・・・」

ペットちゃんが飼い主さまへ話しかける様子

そして、生徒さんたちが、わたしに話してくれる様子を

表現しています。

生徒さんたちが、

「ねぇねぇ、りこさん!

こんなことがあったんです~♪」

笑顔満タンで、ハッピーな報告を聞けるのが、わたしの悦び!

この悦びを糧にして、
毎日、みなさんに寄り添っています。

いつもありがとうございます!