大河内りこのプロフィール

アニマルコミュニケーションを科学する
コミュニケーター育成のプロフェッショナル

DearMum代表
日本催眠学会会員

1968年3月19日午前3時45分、
三重県の商家に生まれる。

愛知淑徳大学文学部英文学科卒業後、結婚し渡豪。
滞在4年のうちに出産育児を体験。
20年間の専業主婦を経た後、
アニマルコミュニケーターへ転身。

独自のアニマルコミュニケーション習得メソッドを年間延べ200名に提供。

一講座9名までの少人数制で開講。練習会は年48回開催し、参加者は延べ1000名以上。

受講後のサポートも手厚い。「諦めない限り行きたいところへお連れする」との言葉に応えるかのように、受講生は北海道から沖縄、アメリカやヨーロッパからも足を運ぶ。

「遠くから通った甲斐があった!」
「必ずできると思った」
「りこさんの教え方は自信がつく」
と喜びの声があがる。

獣医もサジを投げた状態から、愛犬との共依存関係を断ち切ることにより「ペットの問題は飼い主へのサイン」を痛感し、自らも見事に復活。

毎月実施している一斉無料遠隔ヒーリングは、4年間で延べ5800頭のペットに届けられ、「瀕死の状態から脱しました」という報告も多数。また、人への一斉無料遠隔ヒーリングもわずか30分で100名の募集枠が埋まるなど影響力を発揮している。

「見方が変わると世界が変わる!」という理念のもと、動物との高いコミュニケーション能力を発揮し、クライアントに変容を起こし、次のステージに引き上げていくために力を注ぐ。

結婚・妊娠・出産・子育てを経験しながらもわずか、2年4か月で約200頭のセッションができるようになった認定者を多数輩出。

第35回日本催眠学会学術大会にて、ペットロス解消の事例を学会発表。

科学的なアニマルコミュニケーションとセラピーの指導は初心者から認定者まで定評がある。

昨今は、独自開発した自己探求法「セルフラブメソッド®」をはじめ、人に生きる力を授けることで動物のスピリットを幸福に導くスクールも開講。

「通うだけで人生が変わる」と言われ、自身が放つ高い波動を活かし、女性の精神的自立をサポートする場の構築に力を入れている。

著書にペット一般部門Amazonベストセラー1位獲得の『その子(ペット)はあなたに出会うためにやってきた。』(青春出版社)がある。

NGH/JBCH認定ヒプノセラピスト
クォンタム・タッチ®レベル1インストラクター
グリーフサポートバディ

NGH/JBCH認定ヒプノセラピスト
クォンタム・タッチ®レベル1インストラクター
グリーフサポートバディ

ソウルペット

小雪(2005/3/26~2020/8/20)

大河内りこの人生を180度変えてしまった不思議な犬。現在は神界で暮らす。

生後40日でペットショップから大河内家へと派遣された。吠え・咬みつき・トイレの問題を連発し、飼い主をドッグトレーニングの世界へと導いた。

1歳でアトピー性皮膚炎を発症することにより「手作り食」という選択肢を飼い主に与え、たった1か月半で完治。以後、完全手作り食で育った。「犬が良くなるなら、人間も良くなるに違いない!」と飼い主に思わせ、マクロビオティックを引き金に自然療法の世界へと誘った。

6歳で獣医にサジを投げられるほどの神経症状を発症するが、飼い主に覚えさせた自然療法で一命を取り戻した。

「あれだけ苦しんでいたものを、命を救って本当によかったのだろうか…? 逝かせてやった方が楽だったのではないか…?」飼い主にそう思わせ、アニマルコミュニケーションの世界へと誘導した。初めての30分の対話で、飼い主がようやく犬依存していることに気づいたため、残っていた不調もスッキリと解放できた。

それ以来、飼い主とはバディの関係を結び、飼い主の人生の節目ごとに、そのステージに見合った新しい世界へと、どんどん導いた。

15年4か月かかって地上での役目を果たし切り、一般のペットたちの魂が集う幽界を通り越し、神界へと還った。飼い主はその時に初めて、人より霊格の高い魂が犬の毛皮を着ていたことを知った。以来、御神犬として、飼い主へ神託を降ろし続ける。

ソウルペットとは

あなたとの魂の結びつきが特に深いペットのこと。

一緒に暮らした多数のペットの中でも、理由なく特別な縁を感じたら、それはあなたのソウルペットかもしれません。

過去世から何度も一生を共にし、あなたの魂の成長をサポートしてくれます。

ソウルメイトのような特別な関係性です。

認定コミュニケーターの紹介

愛知県在住 山本淳世(やまもとすみよ)

大河内りこから山本淳世さんを紹介させていただきます

とにかく真面目で誠実。 

与えられた課題を真摯にコツコツとこなし、念願のアニマルコミュニケーターを努力で獲得。

50頭以上の猫と暮らしてきた経験から築いた、「弱者に対する思いやりと優しさ」は、この上ない。

自らの家族への愛情の向け方が変わった途端に、愛犬の食糞が収まる体験を持つ。

日常で感じるペットに対するちょっとした疑問や気持ちなどを知りたい方に向け、間口を広く敷居を低くして機会を提供する。

どんな人の気持ちにも寄り添い、やわらかく接することができるアニマルコミュニケーターである。

名古屋市在住 上田真由(うえだまゆ)

大河内りこから上田真由さんを紹介させていただきます

ずっと動物たちと触れ合っていたい! そんな純真な人。

ペットと共に過ごした時間が、宝物のように輝く。

ペットとのお別れが、「哀しみ」から「幸せ」に変わる。

ペットを見送って哀しみに暮れる飼い主さんへの癒しとなるセッションを提供する。

「彼らのピュアな愛に気づいて!」

まゆさんの発するメッセージには優しさが、てんこ盛り。

10年の動物看護士時代にペットロスの飼い主さんを救いきれなかった体験から、アニマルコミュニケーションというツールを用いてペットロス予防にも注力する。

名古屋市在住 小出まりこ(こいでまりこ)

大河内りこから小出まりこさんを紹介させていただきます

元フリーアナウンサーという変わり種。

色彩心理学とカラー診断の知識をアニマルコミュニケーションに融合させた独自のセッションを行う。

ペットから感じ取る色、そのイメージ、性格を診断。
色の波動の力を使い、飼い主とペットが調和するよう、ペットの洋服や首輪などの色使いを提案する。

これまでコミュニケーション畑を歩んできた経緯からも、いつの間にか人を明るくしてしまう魔力を秘めている。

還暦を過ぎてから自宅サロンを開設する行動力は、可能性を見出そうとする人を勇気づける。

名古屋市在住 寺内さと子(てらうちさとこ)

大河内りこから寺内さと子さんを紹介させていただきます

体の仕組みや病気の根本原因に強く関心を持つ。
ペットの健康寿命に大きく影響をするホームケアを、飼い主が自宅で簡単に出来るように伝える。
ケアを実践した飼い主は驚きの結果を手にする。

アニマルコミュニケーションにおいても、ペットの心の深い声を聴き取ることを得意とし、リンクしている飼い主と共に改善していくよう的確なアドバイスを与える。

ペットと共に健康で有意義な人生を願う飼い主に智慧を授け、予防こそ最大の治療である立場を取り続ける。