パソコン用の画像 スマートフォン用の画像


しっかりとしたステップを踏めば、アニマルコミュニケーションは
誰にでもできます。
動物たちにも人間と同じく豊かな感情があるということを、もっと多くの方たちが知ったなら、救える命ももっと多くなるはず!

そのためには、動物たち、とりわけペットという役目を担う動物たちの心の声を聞き取る必要があります。

吠え、咬みつき、おトイレの問題・・・

ペットたちの行動には、なにかしらの意味があります。

それは、心の奥深いところに隠されているかもしれません。

その心の声が聞き取れ、そして、飼い主の想いも伝えることができたなら、問題は解消されていきます。それには、お互いの心の交差点を創り出せればいいのです。

ただし、その交差点にたどり着くまでには、通るべき道があります。近道をしたければ通過ポイントをしっかりと押さえること。それが、アニマルコミュニケーションを確実に身に着けるために必要なことです。

多くの人が、アニマルコミュニケーターは電話で話すように動物たちと話しているとカンチガイしています。

その思い込みやカンチガイに囚われたまま勉強をしても、いくら練習を重ねても、一向に思うようなアニマルコミュニケーションができず、そのうちに諦めるか、講座ジプシーに陥ってしまいます。

もったいない!

アニマルコミュニケーションの仕組みを理解し、実際にアニマルコミュニケーターがどのような感覚で動物たちと話しているのかを知ることで、スムーズにアニマルコミュニケーションを習得できます。

アニマルコミュニケーションは誰にでもできるのです!
まずは、脳内を調律するところから始めましょう!

飛びかかって咬みつくので保護をしたトレーナーさんの手にも余る状態でした。

アニマルコミュニケーションで「どうせボクのことを分かってくれるはずがない」と言う心の声を聞きました。そして、孤独と哀しみの気持ちも汲み取りました。

それを聞いたトレーナーさんは、「このコの本当の声と気持ちを理解してあげられてなかった。

大きいのでどこかで怖がってた。」と、咬みつき犬のレッテルをはがされ、そのままの状態を愛することを意図されました。その対話をきっかけに翌日から、咬むことがなくなりお散歩にも出かけられるようになりました。

3日経っても帰ってこない猫からのメッセージ。

「また同じことを繰り返してもいいの?失ってから大切なものに気づくよ」
飼い主さまの人生に向けて送られた猫ちゃんからの深いメッセージ。

飼い主さまがご自分の人生に真摯に向き合って、メッセージから大きな気づきを得られたら、猫ちゃんは翌朝、帰宅しました。


いかがですか?
このように、ペットの本当の気持ちを知り、受け入れることで、ペットの問題行動がピタっと収まります。

あなたもアニマルコミュニケーションのメソッドを学び、ペットの本当の気持ちを知って、コミュニケーションができたとしたら素敵だと思いませんか?

今回の無料メール講座(全6回)では、あなたの思い込みやカンチガイに気づいてもらうためのメソッドを初公開します。


また、無料メール講座にお申込みいただいた方には、特典をプレゼント!

この特典資料は、アニマルコミュニケーションにご興味がある方に向けた診断チェックとアドバイスです。「本当に私にも出来るのかな?」「どれくらい出来る可能性があるのだろう?」という疑問を解消するために作りました。

メール講座と合わせて、ご活用くださいね。

1968年3月19日午前3時45分、三重県の商家に生まれる。愛知淑徳大学文学部英文学科卒業後、結婚し渡豪。滞在4年のうちに出産育児を体験。

20年間の専業主婦を経た後、アニマルコミュニケーターへ転身。独自のアニマルコミュニケーション習得メソッドを年間延べ150名に提供。

一講座8名までの少人数制で開講。練習会は年48回開催し、参加者は延べ500名以上。
受講後のサポートも手厚く、認定アニマルコミュニケーターの登竜門である「アニマルコミュニケーター養成講座」は1年先まで満席になる人気ぶり。

「諦めない限り行きたいところへお連れする」との言葉に応えるかのように、受講生は北海道から沖縄、アメリカやヨーロッパからも足を運ぶ。

遠くから通った甲斐があった!」
「りこさんのところへ来れば、必ずできると思った」
「りこさんの教え方は自信がつく」と喜びの声があがる。

獣医もサジを投げた状態から、愛犬との共依存関係を断ち切ることにより自らも見事に復活。「ペットの問題は飼い主へのサイン」を痛感する。

毎月実施している一斉無料遠隔ヒーリングは、2年間で延べ3000頭のペットに届けられ、「ケガの治りが早いです」という報告も多数。また、人への一斉無料遠隔ヒーリングもわずか8時間で100名の募集枠が埋まるなど影響力を発揮している。

「見方が変わると世界が変わる!」という理念のもと、動物との高いコミュニケーション能力を発揮し、クライアントを次のステージに引き上げていくために力を注ぐ。

看護師の傍らアニマルコミュニケーションを10か月で習得し、4か月半で40頭のセッションができるようになった受講生や、結婚・妊娠・出産・子育てを経験しながらもわずか、2年4か月で約200頭のセッションができるようになったプロを多数輩出。募集後、即満席となる人気アニマルコミュニケーターを育成することには定評がある。

昨今は、ペットロスやアニマルコミュニケーションをはじめ、人と動物の癒しを総合的に学べるスクールも開講。「一緒にいるだけで癒される」と言われる自身が放つ高い波動を活かし、女性の精神的自立をサポートする場の構築と人財育成に力を入れている。

NGH/JBCH認定ヒプノセラピスト
クォンタムタッチ®レベル1インストラクター
アクセスバーズ™ファシリテーター
グリーフサポートバディ®